Employee introduction

多様性が高いチームをまとめ
更なる体制拡大を目指す

2020年 キャリア入社

業務・ERPソリューションGrp担当課長 H.S

業務・ERPソリューションGrpは、業務系ソフトウェア、ERPソフトウェアにおける導入支援を行うグループ。主に世界でトップシェアを誇るSAP社の導入・保守をメインとしている。

「エンジニアのキャリアや働きやすさを常に考えている会社」

−入社の経緯は?

元同僚の紹介があり、釘嶋社長、ALJ Education Plusの山本社長と出会う機会がありました。
出会って1年くらいはフリーランスとしてお世話になっていました。フリーランスではマネジメントというスキルが得られないというデメリットがあり、それを補うため自らALJへの入社を希望いたしました。
また釘嶋社長、山本さんの人柄に触れ、一緒に仕事をしたいと思ったのもきっかけの一つです。

−ALJの良いところを教えてください。

役職や年齢など、上下関係に縛られることなく、意見を言いやすい関係を築ける職場だと思います。
あとは、条件はありますが、実績を出せば自分で希望した道に進めること、能力を正当に評価するための人事考課制度に取り組んでいること、テレワークを推進し実施率も高いことなど、エンジニアのキャリアや働きやすさを常に考えているところが良いと思います。

−現在の仕事内容を教えてください。

ERPパッケージの導入プロジェクトに参画し、基本設計書作成、詳細設計書作成、開発、テスト、運用などを行っています。

−どんな人たち(顧客、メンバー)と仕事をしていますか。

私が所属している業務・ERPソリューションGrpはプロパ5人、関係会社(フリーランス含む)4人のチームからなっています。
今回新人メンバーとしてミャンマーの方を迎えました。
昨年新設されたGrpですが、すでに9人のメンバーとなっており、今後もどんどんメンバーを募っていきます。
業務内容としては、主にSAPというERPパッケージソフトの導入におけるアドオン部分の設計、開発、テストの工程を担当しています。体制は私がチームのリーダーとなり、メンバーの進捗管理、サポート等を行っています。
プロジェクト先では、概要設計チームや開発チームに参画することが多いです。その中で他社メンバーと協力し、多様性が高いチームの中で作業しています。 ※SAPとは、世界トップシェアを誇るERPパッケージ。
 オープンソースではなく専門的な知識が必要とされるため、SAPエンジニアは希少性が高い。

−今の業務の大変なところを教えてください。

お客様ごとに求められる内容が異なるので、ご希望に応え、満足していただくためには常に新しい知識を学ぶ必要があります。

−今後の目標を教えてください。

日本で20人体制を急ぐ。
海外に50人規模の開発センターを作る。

−最後に、入社を検討している人にメッセージをお願いします。

実力次第で、入社年数に関係なくキャリアアップできる環境があります。
一緒にALJを盛り上げていきましょう!

キャリア

1年目

フリーランスからキャリア採用として入社。
高度な技術を必要とするSAPを主に扱うチーム、業務・ERPソリューションGrpを新設しマネージャーとなる。

2年目

業務・ERPソリューションGrpのマネージャー兼担当課長に昇進。社内外の所属・国籍が異なる人材が集まるチームのリーダーとして活躍し、更なるチームの拡大を目指している。

1日のスケジュール

09:00

出社
本日の業務の内容確認

09:30

テレビ会議

11:00

資料作成

12:00

ランチ

13:00

基本設計書作成

17:00

進捗報告会議

18:00

退社

仕事後の過ごし方

お手頃なスパークリングワインを見つけて晩酌するのが好きです。

休日の過ごし方

最近は御朱印集めに没頭しております。

新卒採用
ENTRY

キャリア採用
ENTRY