OFFSHORE

オフショア開発

オフショア開発

現地に日本人スタッフを常駐させることにより、開発のお打ち合わせからドキュメント作成等々、開発に伴う全ての行程を日本語のみのコミュニケーションにて対応が可能です。豊富な労働力と圧倒的なコストパフォーマンスをご提供致します。

SERVICE

サービス内容

完全日本語対応

PHP特化

ラボ型開発

・完全日本語対応

ミャンマー側には日本人が駐在しており、日本側にはミャンマー人のブリッジSEが在籍しているため、日本語の資料や日本語による作業指示が可能です。進捗管理や、質問確認事項なども日本語にて行うことが可能です。

・PHP特化

弊社のオフショアでは、Webシステム開発をメインとしております。
あらゆる技術に幅広く手を広げることはせずPHPのみに特化していくことで、より多くのスキルノウハウの蓄積が可能となり、高品質化とコスト削減を実現しています。

・ラボ型開発 詳しくはこちら

ラボ型開発とは、「ある一定期間(半年や1年間など)で一定の要員を常に確保する開発手法」のことです。
あらかじめ優秀な人材をお客様専用に確保しておくことで、柔軟に開発を依頼することができ、仕様やノウハウを蓄積でき、迅速に対応できるという特徴があります。 また通常の請負開発であれば、追加要件や仕様変更などが発生した際に、それら追加分の要件定義や、その上での追加見積もりや価格の調整、発注作業などの多くの時間が発生しますが、ある一定の工数契約の形であるラボ契約であれば、このような急な仕様の変更や追加要件などにも直接エンジニアに伝える事が出来、迅速且つ柔軟に対応しやすいのが特徴です。 そのため、定期的に改修作業が発生し、自社専用の人材を低コストで確保しておきたい企業様にはオススメの開発手法です。

ALJ Myanmarサイト

CONTACT

お問い合わせ

システムやアプリの開発のご相談、サービスに関するご質問など、どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。

資料請求、お見積り、お問い合わせはこちら